事業サービス案内

HOME > 会社案内 >

社長挨拶

社長挨拶
お客様のニーズにジャストフィットした「ものづくり」で最適な機能製品を供給します

新昭和鋼管株式会社エントランスイメージ 高品質、低コスト、そして供給責任の完遂を「ものづくり」の基本におかなければならないということは製造業においては言をまたないことであります。 この認識に立って、弊社は長年にわたる冷間引抜鋼管製造の歴史を踏まえ、さらに変化し続ける競争原理を見据えて、 時代に合ったお客様のご満足度を向上させるべく今日までこの理念を経営の根幹に据えてまいりました。

こうした経営の理念を全社的に浸透させ組織を結合させる行動として、ISOに基づく業務の標準化、TQM、TPMの手法に則ったロス排除と効率向上、 全社員のベクトル強化を期したERPシステム展開をかさねております。 全員参加のベースに立って、日々進化するお客様よりの品質、コスト、供給力に対するご要請に適合すべく日々邁進してまいります。

引抜鋼管素材の生産という段階から、鋼管を使用して加工される自動車、機械等の部品の合理的生産活動を志向して、 素材製造の場における加工工場の設置を実現して参りました。 これによって、お客様のご要請を幅広く拡大的にお引き受け申し上げることができます。

引抜鋼管製品の品種およびサイズの多様なご要請にお応えするために、弊社では茨城、岐阜にそれぞれ鋼管製造工場を有し、 茨城および岐阜には部品鋼管の加工工場を併設、素材鋼管と並行しながら個別的な部品ニーズに対応した活動を展開致しております。 サービスの万全を期するために東西の地域分担として、東京本社と名古屋支店に営業担当をそれぞれに置いております。

たゆみなく進化するお客様のニーズと変化の動向を認識し、今後とも全社を挙げて積極的な対応を行ってゆく所存でございますので、 変わらぬご指導ご愛顧を賜りますよう衷心よりお願い申し上げる次第でございます。

代表取締役社長 瀧脇道治